caffè Vicolo(カフェビーコロ)

 7月2日、大仙市大曲・花火通り商店街の路地裏に登場した「caffè Vicolo」。神奈川県出身のマスターが、全国の花火大会に足を運ぶ中で魅せられたという「大曲の花火」を毎年観たいと移住を決意し、長年の夢だったカフェをオープンさせた。
 おひとりさまも気楽に過ごしてもらえるよう、座席をゆったりと配置し、テーブルやチェア、ソファなどのインテリアにも居心地の良さを追求したこだわりが。特に存在感を放つハンモックは、一度座ればその心地良さの虜になりそう。
 「時間を気にせず過ごしてもらいたいので、時計も置いていません。一杯のコーヒーを愉しむひとときを大切にしてもらえたら」とマスター。挽きたてを丁寧にハンドドリップで淹れるコーヒーと、1日1種類のみの「日替わりランチ」800円(税込。平日・15食限定)のほか、今後はケーキセットも提供予定。
 月1〜2回は、19時〜21時にお店を開き、就寝前の読書や趣味に寄り添うコーヒーを提供する「ナイトカフェ」も開催。

120kgまで耐えられるハンモック。全身を預け、揺られながら過ごすひとときは格別。

レギュラーコーヒー450円ほか、コーヒー好きにオススメなのが写真の「横濱スペシャリティコーヒー」800円(各税込)。香り、苦味に特化した味わい。

ガラス張りの開放的な外観。旅行好きのマスターが、自身の経験から「旅行客も入りやすいお店づくりに」と考慮。

住  所:大仙市大曲通町2-10 齊藤ビル1F
電話番号:非公開
営業時間:10:00〜18:30
定休日 :木曜
席  数:15席
駐車場 :なし