「浜のそば」店

 男鹿半島の東海岸沿い、山々と海の美しい景色を一望できる、浜間口地区。
9月、この小さな集落に、海沿いで栽培された「浜のそば」が味わえるお店がオープンした。
 「おが東海岸協議会」の地域活性化の取り組みの一環で、3年ほど前から海沿いの耕作放棄地で蕎麦栽培を始めた、店主の進藤さん。
もともと首都圏の企業に勤めていたが、早期退職し、帰郷後、農業の世界へ飛び込んだ。
潮風の影響など環境の問題に初めは苦しんだが、栽培に成功。
昨年8月には、「そば工房おが」をオープンし、収穫した蕎麦を麺として販売するまでに。
「より多くの人に浜で育った蕎麦を味わってもらい、浜間口地区の観光にもつながれば」と、蕎麦屋を開店した。
「潮風を含んで育ったためか、甘みと香りが強い」という〈浜のそば〉を、手打ちの十割と二八の両方で提供。
「潮かぶり板そば」1000円や「潮かぶり盛そば」800円(各税込)などが揃う。
土曜・日曜・祝日のみの営業なので、休日はドライブがてら蕎麦を味わいに訪ねてみて。

「潮かぶり板そば」1000円(税込)。二八の〈浜のそば〉を、蕎麦切り用の箱板に盛りつけた風情のある一品。コシが強い太めの蕎麦は、風味が良く、噛むほどに甘みがある。

「おが東海岸協議会」の事務局長も務める、店主・進藤さん。5年ほど前から手打ち蕎麦に魅了され、修行。今では蕎麦打ちの講師も務めるほどの腕前に。

「浜のそば」を使った手打ち蕎麦のほか、蕎麦茶、蕎麦菓子も販売予定。

男鹿の山々と海を一望できる海岸沿いに広がる、美しい蕎麦畑。

住  所:男鹿市男鹿中浜間口字川上22
電話番号:090-3687-8104
営業時間:11:00〜14:00
定休日 :月曜〜金曜
席  数:30席
駐車場 :あり