LINEで送る

【和食 なり】

8月、秋田駅前のビル内にひっそりと登場した「和食 なり」。
かつて秋田市内の割烹に勤めていた若き料理人・武田さんは、地元・秋田に自身の店を開きたいという一心で、和食の真髄を極めるため、東京の名店に修業へ。
7年間和食の研鑽を積み、念願の開店準備に向けて、2年前に帰郷した。


木の温もりが心地良い、落ち着いた雰囲気の店内。
店主の目が行き届く範囲のL字型カウンターは、来店客一人ひとりを丁寧におもてなししたいという気持ちが表れている。
板前の仕事ぶりを目の前で見られるのも、カウンター席の醍醐味。

料理は「本日のおもてなしコース」7品・5000円〜。
小鉢、焼き物、揚げ物など、旬の素材の持ち味を存分に引き出した料理の数々が味わえる。
基本は押さえつつ、店主の持ち前のセンスが紡ぐ、秋田の滋味との独創性にも注目したい。
席に限りがあるため、来店時は事前予約がオススメ。
秋田の和食業界に新風を吹き込む一軒で、和の美味を堪能してみては。

お酒を飲んだ後でも完食できると好評、コースの〆「土鍋炊き込みご飯」。
取材時は、たっぷりシラスの土鍋炊き込みご飯。

「東京の店だけでなく、帰郷してからお世話になったお店での経験も、とても勉強になりました。
素材をいかしたシンプルな料理を心がけています」と話す、店主・武田さん。


取材時の小鉢「れんこんまんじゅう」と、焼き物「鰆のメカブ焼き」。

住  所:秋田市中通4-17-30 フォレストワン2F
電話番号:018-827-5068
営業時間:18:00〜23:00 
定休日 :日曜・祝日
席  数:10席 ※4名用の個室もあり
駐車場 :あり
LINEで送る