LINEで送る

ほくとライブラリー明徳館 (秋田市立中央図書館明徳館)

子どもの読書習慣が身につく 自分だけの「読書の記録帳」

 
 5月22日、秋田市立図書館(中央図書館明徳館・新屋図書館・雄和図書館・明徳館河辺分館)で、「秋田市読書の通帳事業」がスタートし、早くも話題を呼んでいる(土崎図書館のみ7月から)。
 子どもの読書活動を促進することを目的に、市内在住もしくは通園・通学している0歳〜小学生までを対象に、読書の記録帳を交付。自身が借りた本の記録を、記帳専用機を使って簡単にプリントできる。自分だけの記録が貯まる楽しさや喜びが、さらなる読書への意欲につながる。交付無料なので、ぜひ気軽に登録を。

(トップ写真)記録帳の交付には、保護者が記入した申込書と子どもの図書館利用カードが必須。カードの登録には、氏名・住所が確認できる保険証や名札が必要。

通帳の記帳は、出入口そばの利用者用検索機を使用。子どもも簡単に操作でき、新しい本や人気ランキングもチェックできる。

記帳専用機を使い、借りた日付・本のタイトル・作者・資料コードをプリントできる。

住  所:秋田市千秋明徳町4-4
☎018-832‐9220
営業時間:9:00〜19:00
     7月のみ〜20:00
     土曜・日曜・祝日は〜17:00
定休日 :月曜(祝日・振休の場合は開館、翌日休)
     毎月最終日(土曜・日曜の場合は開館)
駐車場 :61台
LINEで送る