LINEで送る

食堂カフェ Amush(アムシュ)

フードコーディネーターが想いを込めて〈食〉の魅力を一皿に

 7月、十文字駅の程近くに食堂カフェがオープン。ガラスの格子戸を開けて店内に入ると、鮮やかなターコイズブルーが映える、木の温もりが感じられる空間が。フードコーディネーターとして、食の仕事に携わる店主・藤原さんが、「地元の食の魅力に気づいてもらえたら」と自ら開店。地元農家や産直から仕入れる、県産食材を使ったメニューを提供する。メインは彩りと栄養を考えた「週替りランチセット」。玄米や県産の肉、野菜をふんだんに使った、多彩な料理が味わえる。使用している県内作家の食器にも注目を。

(トップ写真)木製のテーブルや壁面の塗装は、店主のDIY。ナチュラルな雰囲気で落ち着く店内。

「週替りランチセット」1,250円(税込)。取材時は、平鹿産秋田シルクポークの生姜焼きなど。味噌汁・ドリンク付き。

フードコーディネーターとしても活躍する、店主・藤原真理子さん。

住  所:横手市十文字町大道東54-24
☎非公開
営業時間:11:30〜16:00
定休日 :日曜
席  数:14席
駐車場 :4台

LINEで送る